ペットイメージ

ペットはなくてはならない存在

私には可愛い自慢のペットがいます。
以前は動物を飼っていませんでしたが、今ではなくてはならない存在です。
仕事で嫌なことがあってへとへとに疲れて帰ってきたときに、寄り添うように癒してくれます。
私は心の病を持っています。
精神的にも弱く人付き合いが苦手です。
ちょっとした人の言葉に傷つき落ち込んだりしていました。
以前はとても孤独でしたが、ペットを飼ってからというもの孤独感がなくなりました。
言葉は通じなくても、ただ寄り添ってそばにいてくれます。
苦しい時、辛い時、寂しい時にずっとそばにいてくれました。
孤独をみたしてくれるだけではなく、ペットがいることで笑うことが増えたように思います。
休みの日は家に引きこもっていることが、多かったのに外に一緒に散歩へ行ったり、少し生活が変わったようにも思います。
以前まで仕事で嫌なことがあると、もう行きたくないやめてしまいたい。
無断欠勤をしやめてしまうことが多かったのですが、今は少し変わってきました。
この子がいるからがんばろう。
この子のために頑張って仕事しないとと、そう思うようになったのです。
自分の子供のような存在でもあるので愛しくて愛しくてたまりません。
春には一緒に花見に行き、ぽかぽかな陽気の中でお弁当を食べたり、夏には海や川へ行きバーベキューをしたり。
秋には涼しい中散歩をしたり、冬には一緒にこたつで暖まったり。
365日いろいろなことを一緒にして一緒に過ごしてきました。
不眠症もあり夜はなかなか寝付けませんが、そんな時も隣で一緒に起きててくれるので安心できます。
以前までは夜が怖くて仕方ありませんでしたが、ペットが一緒に寝てくれるようになり不安も解消されつつあります。
夜になり寝れなくてマイナスなことばかりを考えてしまったり、気づいたら朝になっていたりしました。
そんな私が今では眠りにつくまでにそんなに時間もかからなくなり、夜がこわいということも思わなくなってきているのです。
睡眠薬を服用しないと眠りにつけなかった自分がこんなに変わるとは思いもしませんでした。
周りからも最近少し明るくなったねって言われるようになりました。
人生が変わったように思います。
この子に出会ってから私の毎日は輝いています。
この子がいなかったらと思うと、きっともっと精神状態が悪化していたんではないかなと思います。
ペットがいたことによって私は救われました。
少しでも長生きしてもらえるように大事にしたいです。

Copyright(C) 2011 ぺっと.com All Rights Reserved.